MT他PC関連 一覧

Thunderbirdの重さ軽減

  • 更新日:
  • MT他PC関連

最近、Thunderbirdを使っていると砂時計を目にする事が多くなり、フォルダの圧縮やゴミ箱を常に空にしておくようにしていましたが変わりませんでした。
検索してみると拡張子がmsfのファイルを削除すると重さが軽減されるらしいことが yohgaki's blog の「Thunderbirdのパフォーマンス改善方法」に載っていましたので、Thunderbirdのフォルダのバックアップをしてからやってみました。
受信フォルダから別のフォルダへメールの移動がすっとできました。昨日までどんな小さなサイズのメールでも砂時計が出ていたので効果があったようです。
ありがとうございます。yhogaki's blogの大垣さん。

最新版テスト

  • 更新日:
  • MT他PC関連

今回はうまく動作するでしょうか。

Increase sizeとDecrease sizeはクリックしても動かない。

Firefoxは異常終了しませんでした。前回の異常終了はやはりこちらの環境の悪さでしょう。
 

ネコ温度計

  • 更新日:
  • MT他PC関連

ネコ温度計を入れてみました。オオシゲリツコさんのイラストによるネコの状態(寝ていたり身づくろいしていたり)で温度を表すという温度計です。
「今の温度をみる?」をクリックすると大阪の現在の温度と天気、その温度の時のネコの状態を表示します。
ただ、私の環境ではFirefoxだと天気・温度情報を転送中のままになり、ネコの姿も温度も天気も表示されませんでした。IEでは正常に表示されました。
またもや謎が増えました。

Movable Type用 WYSIWYGエディター

  • 更新日:
  • MT他PC関連

世界の中の1%の人々へ:今日の研究:Movable Typeにプラグインとして組み込んで使用するWYSIWYGエディター、Ajaxify: EnhancedEntryEditing日本語版公開から「Movable Type用 WYSIWYGエディター」プラグインをいただき使ってみようと作業。
転送はファイル数が多くて毎度のことながら何度も繰り返しました
追加プラグインの表示はOK。エントリーの編集で改行設定をWYSIWYGに変更して一旦保存すると編集修飾ボタンがたんまり表示されました。ここまではいつもより順調でした。
次はエントリー入力しようとしましたが、確認から編集画面に戻ったり保存した途端にFireFoxが異常終了して、だましだまし使っています

StyleCatcher

  • 更新日:
  • MT他PC関連

StyleCatcherを使ってみようと作業を始めたのですが、いつものように???となり昨夜は出来ませんでした。
使うまでの手順
1.StyleCatcherを「Six Apart の Plugin Directory」からダウンロード
2.解凍して出てきたmt-staticディレクトリとpluginsディレクトリ内のファイルをmtのそれぞれ同じ名前のディレクトリにアップロード
3.plugins>StyleCatcherのStyleCatcher.cgiのパーミッションを変更
4.メイン・メニューのプラグイン又は環境設定の設定>プラグインタブでStyleCatcherの「設定」クリックしてthemesディレクトリのRootURLとRootPathの指定
Theme Root URL: /mt/mt-static/themes
Theme Root Path: /サーバーのパス/mt/mt-static/themes
以上
ところが4.を指定して使ってみようとしたらエラーになってしまい???。デフォルトに戻して昨夜はお終い。
今朝、パーミッションの確認をしてから設定をよーくよーく見たらデフォルト表示のRootURLの最後に/が付いていない。
これが原因のようです。

次に「使う」ためにプラグインのStyleCatcherの「続きはこちら」をクリックしてStyleCatcher起動
1.スタイルのあるサイトを入力するのですが、デフォルト表示のSixapartのライブラリのまま[Find Style]クリック
2.スタイルが表示されるので、使いたいスタイルをクリックして選択
3.「Select a Weblog...」の中からスタイルを使うブログを選択し[Choose this Design]クリック
以上をやってサイトを確認。
選んだスタイルに変わりました。はぁ。何をやるにも梃子摺ります。

メール通知されない件

  • 更新日:
  • MT他PC関連

検索しながら彷徨っていましたがわからずでした。
届いてもらわないと設定している意味がないのでちまちま作業。
・プラグインディレクトリに入れたけど不要なスパム対策用プラグインを消しました。
・判断基準値をとても厳しくしていたので0に戻してみました。
・通知するメールアドレスをサクラインターネット以外のアドレスに変更。
The blog of H.Fujimoto:日本語でないスパムをフィルタするプラグイン(MT3.2用)からNotJapaneseLookup.plを戴き追加と設定。
全角文字・ひらがな・句読点の数を指定して、指定した以上の文字数があれば日本語のコメントやトラックバックとみなしてくれます。
以上を行ったら届くようになりました。何が良かったのか?
追記
メールアドレスはサクラインターネットのものでもOKでした。
不要となったプラグインをもう一度アップロードして試してもOKでした。
今回追加したプラグインは問題外なのでこれはパス。
基準値を厳しくしてみると保留になってメール通知されませんでした。
こういう場合、メール通知される→管理メニューで確認する→公開または削除する、という手順を踏むと思っていましたがそうではなかったようです。
以上、原因は判断基準値が厳しすぎたということになりました。

MT3.2への道3日目

  • 更新日:
  • MT他PC関連

昨日気付いて修正だけかけたシステムテンプレートの入れ替え
・コメント・プレビュー
・コメント・保留
・コメント・エラー
・コメントの一覧
・トラックバックの一覧
今朝気付いた検索テンプレートの修正&アップロード。システムテンプレートと同様の修正。
・search_templatesディレクトリ内のdefault.tmpl

以上の作業に伴い修正したstyles-site.cssの入れ替え。
その後再構築。
コメント・保留ページは思い通りの結果。ところが検索ページがなぜか思ったような表示になってくれないので悩み中。

MT3.2への道2日目

  • 更新日:
  • MT他PC関連

昨日の残作業開始
・カテゴリー名が表示されるようにする。
カテゴリーの説明が入力されていなかっただけでしたので入力してOK。

・エントリーのテンプレート修正。
デフォルトのテンプレートと以前使用していたテンプレートを見比べて修正。
修正に伴いstyles-site.cssも修正。
エントリーテンプレートとスタイルシートを入れ替えして再構築。今度はエントリーもOKでした。

サイトを確認していてコメント・保留ページにタイトル画像が表示されていない事に気付き、テンプレートを再確認。
システムテンプレートのうちコメント・プレビュー、コメント・保留、コメント・エラー、コメントの一覧、トラックバックの一覧はスタイルシートに伴う修正が必要とわかり作業開始。
このような作業はデフォルトのスタイルシートに設定したい内容を加えたら発生しません。以前のものをそのまま使おうとしたのが間違いです。
とりあえず修正作業のみ。

コメントを試していてメール通知の設定をしているのにメールが届きません。MT3.15の時も届かずMT3.17にしてSMTPServer指定をしたら届くようになったのですが、今回は指定してもしなくても同じ結果で届きません。

以上で2日目終了。

MT3.2への道1日目

  • 更新日:
  • MT他PC関連

やっとMT3.2へ移行してMySqlへ変更することにしました。
ブログを増やしたので日記はいいのですが、他のブログが見えなくなったら困ると二の足を踏んでいました。
が、【MT3.2】闘い終わって夜が明けて【覚え書き】を読ませていただき覚悟を決めました。

作業開始
◎MT3.2-ja-2をダウンロード&解凍。
◎mg-config.cgiの修正。
とりあえずBerkeleyDBで作ってからMySqlにすることにして修正箇所は
サクラインターネットのインストールマニュアル+caramel*vanilla:MT3.2への移行メモを参照。
・28行目のCGIPathにURL○○○を記入
CGIPath http://○○○/mt/
・70行目のDataSource (BerkeleyDBのディレクトリ指定)をコメントアウトしてURL記入
DataSource /home/○○○/www/mt/db
(ここから3つはphp化&ページ分割しているため再構築時に実行権限のあるようにするため)
・187行目  HTMLUmask コメントアウト
HTMLUmask 0022
・189行目 DirUmaskコメントアウト
DirUmask 0022
・201行目 HTMLPermsコメントアウト
HTMLPerms 0777
・378行目から380行目のAdminScript CommentScript TrackbackScript の名称変更(こちらは内緒)

◎FFFTPでアップロード開始。
何時ものことながらこれがすっとは終わりません。
ファイアウォールソフトのせいかプロクシソフトのせいだと思われますが100以上のファイルがあると止まります。その上「ブロックしました。」という有難いメッセージが表示されます。
そのためディレクトリ1つずつアップロードしていきます。それでも止まるので再度やり直しを繰り返してようやく終了。
アップロードが正常に行われたか確認できて良いと前向きに解釈。
◎mt-check.cgiで確認。
OK。
◎設定開始。
・ユーザ設定
・ブログの設定・・・いつもと違う画面に戸惑いつつも設定。
ここでサイトを再構築し、サイトを確認。デフォルト表示OK。

この日記以外のブログを設定開始。こちらはすんなりすべてOK。

この日記のメニューに戻って
・テンプレートをコピーペースト
・モジュール、プラグイン、phpファイルの追加(これは個人的に使用しているものです)
これでサイトを再構築したら、以前のバージョンで使用していたモジュールのままのテンプレートをコピーしてしまったためエントリーが再構築できず終了。
仕方なく次の作業。
 1.エントリーのみテンプレートをデフォルトに戻す。
 2.デフォルトスタイルシートをリネームして使用。
 3.エントリーテンプレートにデフォルトスタイルシートリネーム版を指定し入れ替え。
この後再構築で真っ当に終了となりましたが、テンプレートをデフォルトに戻すのに彷徨いました。「その他の操作」にあるとは思ってみなかったのです。
※テンプレートをデフォルトに戻す手順
 1.戻したいテンプレートにチェックを入れる。
 2.右のメニューから「テンプレートを更新」を選択。
 3.[GO]クリック。
◎MySqlへの移行
Ogawa::Memorandaのmt-db-convert.cgi: MTデータベースの相互変換CGIスクリプトを使わせていただきました。とっても助かりました。小川さんありがとうございます。
元のDBとMySqlの場所指定を一度に全部正しく入力できず2回失敗しましたが全て正しく入力したら正常に変換できました。
◎MySqlに対応するためmt-config.cgiの修正。
・35行目から39行目をコメントアウトしてMySqlの名前、ユーザ名、パスワード、DBのある場所を指定
ObjectDriver DBI::mysql
Database MySqlの名前
DBUser ユーザ名
DBPassword パスワード
DBHost DBのある場所
・70行目のDataSource (BerkeleyDBのディレクトリ指定)をコメント化
# DataSource /home/○○○/www/mt/db
mt-config.cgiをアップロードして再構築。OK。

以上で1日目終了。
残作業
・カテゴリー名が表示されるようにする。
・エントリーのテンプレート修正。

MovableType3.171日本語版へのアップグレード

  • 更新日:
  • MT他PC関連

ログインすると右側にお知らせが出ているはずなのにリリースされたことに気付いていませんでしたが、Firefoxに入れたプラグインSageのおかげで知ることができました。
知ったサイトが MovableTypeで行こう! でしたので、「MT3.17-jaからMovableType3.171日本語版への最短アップグレード方法」を参考に(と言ってもファイルをさわったかどうか確認しただけで後は書いてある通りなのですが)アップグレードしました。
変更されたのを確認していただいている下のファイルを上書きアップロードするだけで済みました。

/docs/known-issues.htm
/docs/mtchanges.html
/lib/MT/App/CMS.pm
/lib/MT/App/Search.pm
/lib/MT/L10N/ja.pm
/lib/MT/Mail.pm
/lib/MT/Util.pm
/lib/MT.pm
/php/mt.php

変更の確認をしていただけるなんてなんとありがたい事でしょう。

このページの上部へ

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2016年1月 [17]
  2. 2015年12月 [31]
  3. 2015年11月 [30]
  4. 2015年10月 [31]
  5. 2015年9月 [32]
  6. 2015年8月 [31]
  7. 2015年7月 [31]
  8. 2015年6月 [30]
  9. 2015年5月 [31]
  10. 2015年4月 [30]
  11. 2015年3月 [31]
  12. 2015年2月 [27]
  13. 2015年1月 [31]
  14. 2014年12月 [31]
  15. 2014年11月 [30]
  16. 2014年10月 [32]
  17. 2014年9月 [30]
  18. 2014年8月 [32]
  19. 2014年7月 [31]
  20. 2014年6月 [32]
  21. 2014年5月 [31]
  22. 2014年4月 [30]
  23. 2014年3月 [31]
  24. 2014年2月 [28]
  25. 2014年1月 [31]
  26. 2013年12月 [31]
  27. 2013年11月 [30]
  28. 2013年10月 [27]
  29. 2013年9月 [33]
  30. 2013年8月 [34]
  31. 2013年7月 [33]
  32. 2013年6月 [30]
  33. 2013年5月 [32]
  34. 2013年4月 [30]
  35. 2013年3月 [32]
  36. 2013年2月 [27]
  37. 2013年1月 [31]
  38. 2012年12月 [31]
  39. 2012年11月 [32]
  40. 2012年10月 [31]
  41. 2012年9月 [29]
  42. 2012年8月 [37]
  43. 2012年7月 [31]
  44. 2012年6月 [30]
  45. 2012年5月 [31]
  46. 2012年4月 [30]
  47. 2012年3月 [31]
  48. 2012年2月 [29]
  49. 2012年1月 [37]
  50. 2011年12月 [30]
  51. 2011年11月 [34]
  52. 2011年10月 [35]
  53. 2011年9月 [37]
  54. 2011年8月 [39]
  55. 2011年7月 [35]
  56. 2011年6月 [36]
  57. 2011年5月 [34]
  58. 2011年4月 [30]
  59. 2011年3月 [30]
  60. 2011年2月 [28]
  61. 2011年1月 [33]
  62. 2010年12月 [34]
  63. 2010年11月 [30]
  64. 2010年10月 [31]
  65. 2010年9月 [32]
  66. 2010年8月 [34]
  67. 2010年7月 [33]
  68. 2010年6月 [31]
  69. 2010年5月 [32]
  70. 2010年4月 [33]
  71. 2010年3月 [33]
  72. 2010年2月 [33]
  73. 2010年1月 [36]
  74. 2009年12月 [36]
  75. 2009年11月 [35]
  76. 2009年10月 [41]
  77. 2009年9月 [35]
  78. 2009年8月 [36]
  79. 2009年7月 [38]
  80. 2009年6月 [36]
  81. 2009年5月 [34]
  82. 2009年4月 [34]
  83. 2009年3月 [36]
  84. 2009年2月 [29]
  85. 2009年1月 [33]
  86. 2008年12月 [41]
  87. 2008年11月 [41]
  88. 2008年10月 [37]
  89. 2008年9月 [33]
  90. 2008年8月 [30]
  91. 2008年7月 [37]
  92. 2008年6月 [37]
  93. 2008年5月 [33]
  94. 2008年4月 [36]
  95. 2008年3月 [32]
  96. 2008年2月 [37]
  97. 2008年1月 [31]
  98. 2007年12月 [34]
  99. 2007年11月 [29]
  100. 2007年10月 [31]
  101. 2007年9月 [34]
  102. 2007年8月 [34]
  103. 2007年7月 [36]
  104. 2007年6月 [30]
  105. 2007年5月 [30]
  106. 2007年4月 [31]
  107. 2007年3月 [31]
  108. 2007年2月 [26]
  109. 2007年1月 [27]
  110. 2006年12月 [30]
  111. 2006年11月 [27]
  112. 2006年10月 [28]
  113. 2006年9月 [36]
  114. 2006年8月 [34]
  115. 2006年7月 [39]
  116. 2006年6月 [38]
  117. 2006年5月 [33]
  118. 2006年4月 [27]
  119. 2006年3月 [29]
  120. 2006年2月 [24]
  121. 2006年1月 [30]
  122. 2005年12月 [38]
  123. 2005年11月 [28]
  124. 2005年10月 [32]
  125. 2005年9月 [29]
  126. 2005年8月 [37]
  127. 2005年7月 [33]
  128. 2005年6月 [37]
  129. 2005年5月 [38]
  130. 2005年4月 [10]

Powered by Movable Type 6.1.2