MT他PC関連 一覧

mysqlのバージョンアップ

  • 更新日:
  • MT他PC関連

wordpressを入れてみようかなとダウンロードし、
インストールの注意点などを検索していると
mysqlのバージョンが5の方がいいらしいとわかりました。

サーバーをレンタルした時はmysqlのバージョンが4.0.27だったのですが、
今年になって5.1.30も使えるようになったので、
駄目もとでmysqlのバージョンアップをしてみました。
HashiMのたわごと(?)の「MySQLを4から5へ」を参考にしました。
記事を書いていて下さって本当にありがとうございますと感謝です。

まずはバックアップ。
phpmyadminのエクスポートを使ってbzip形式圧縮で行いました。
参考記事通り「DROP TABLEを追加」と「IF NOT EXISTSを追加」にチェックを入れておきました。

次にデータベースの削除と5.1.30での作成。

その次はバックアップしたファイルのインポート。
CREATE DATABASE部分をそのままにしておいたためエラーになってしまいおろおろ。
圧縮ファイルを解凍し、参考記事を見ながら、
CREATE DATABASE文とその下のUSER文をコメント化して
再度圧縮してインポートしたら上手く出来ました。

最後にmtのconfigファイルのデータベース名を新しい名前に変更してアップロード。

MTに入ってみて記事一覧を見たり検索してみても通常通りなので
上手く出来たようです。ほっ。

で、本当の目的のwordpressはまた今度。

携帯用ページに転送する方法 他

  • 更新日:
  • MT他PC関連

携帯でトップページにアクセスしたとき、携帯用ページに転送する方法を試してみました。

Mono Memoの「PC用と携帯用のURLを共通化する」を参考にさせていただきました。

トップページのhtmlの修正

htmlの先頭に以下を追加

<?php
$ua = $_SERVER["HTTP_USER_AGENT"];
if(ereg("DoCoMo|J-PHONE|Vodafone|UP\.Browser|~ /^KDDI/|ASTEL|PDXGW",$ua)){
header("Location:携帯用ページのURLをhttpから記入");
exit;
} else {
?>

xml宣言を入れている場合はxml宣言を修正

<?php echo ('<?xml version="1.0" encoding="エンコードタイプ"?>'); ?>

htmlの末尾に以下を追加

<?
exit;
}
?>

トップページの拡張子をphpに変更して保存。

後は他のページのトップページへのリンクを修正してすべてアップロード。


mt4iの使い方を見直したら携帯用ブログページを置きたいフォルダに置くことができました。
ついでに無料でQR FreeQRを使って作ったQRコードも追加しました。

RSS取得覚書

  • 更新日:
  • MT他PC関連

RSSの取得するやり方を改めて調べたら
現在のやり方をするまでに試したものをやっと思い出しました。

現在のやり方は、cronで一定時間毎にRSSを取得してhtmlを書き出すphpを動かし、
書き出されたhtmlを表示するhtmlにjavascriptで読み込んでいます。

これに至るまでにphpで取得編集されたhtmlをiframeで表示するやり方と
SSIで表示するやり方がありました。

iframeを使う場合もSSIを使う場合もphpは同じものが使えました。
phpはレッツPHP!のRSSブロガーを元にして修正。
※文字コードはUTF-8にしています。

<?php
require "XML/RSS.php";

// RSSサイトURL(複数可)
$rdf[] = "RSSサイトURL1";
$rdf[] = "RSSサイトURL2";
$rdf[] = "RSSサイトURL3";
$rdf[] = "RSSサイトURL4";

// 記事表示件数
$num = 3;

foreach ($rdf as $rss_url) {
 
  $rss_data = file_get_contents($rss_url);
  $rss_data = mb_convert_encoding($rss_data, "UTF-8", "EUC-JP,Shift_JIS,UTF-8");
  $rss_data = str_replace(array("EUC-JP","Shift_JIS"), "UTF-8", $rss_data);

  $r =& new XML_RSS();
  $r->setInputString($rss_data);
  $r->parse();
  if (!$ch = $r->getChannelInfo()) echo "データが取得できません";

  $site_title = mb_convert_encoding($ch['title'], "UTF-8", "UTF-8,EUC-JP,SJIS");
  $site_title = htmlspecialchars($site_title);
  $site_link = $ch['link'];
// ヘッダ
echo <<<A
<html><head><meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<link href="cssのURL" rel="stylesheet" type="text/css"></head>
<body><div class="rss"><p><a href="$site_link" target=_blank>$site_title</a></p><ul>
A;

  //$num = count($r->getItems());
  for ($i=0; $i<$num; $i++) {
    $val = $r->getItems();
    $title = mb_convert_encoding(strip_tags($val[$i]['title']), "UTF-8", "UTF-8,EUC-JP,SJIS");
    $desc = mb_convert_encoding(strip_tags($val[$i]['description']), "UTF-8", "UTF-8,EUC-JP,SJIS");
    $link = htmlspecialchars($val[$i]['link']);
    $time = (isset($val[$i]['pubdate'])) ? strtotime($val[$i]['pubdate']) : strtotime(str_replace("T", " ", substr($val[$i]['dc:date'], 0, 19)));
    $date = date("Y/m/d", $time);
    // 内容
    echo <<<B
<li><a href="$link" target=_new>$title</a> $date</li>
B;
  }
 
//フッタ
echo <<<C
</ul></div></body></html>
C;
}
?>

cssもphpで指定しましたので
css

.rss {
    margin: 10px;
    border: 1px ridge #ccf;
    padding: 0px;
    width: 300px;
}
.rss p {
    font-size: 12px;
    line-height: 1.5em;
    margin: 0px;
    padding: 0px 0px 0px 10px;
    background-color: #ccf;
}
.rss ul {
    list-style-type: none;
    padding: 0px 0px 0px 10px;
}
.rss li {
    font-size: 10px;
    margin: 0px 0px 10px 0px;
    padding: 0px;
}

iframeを使う場合の表示側html

<iframe src="phpのURL"></iframe>

SSIを使う場合使用しているサーバーでは拡張子をshtmlにしなくてはならないのですが、
単純に変更するとfirefoxでは「ファイルを保存しますか」のダイアログが表示されてしまいました。
それで.htaccessを試しているフォルダに追加して拡張子がhtmlでもSSIを有効にしました。

AddType text/x-server-parsed-html .html

SSIを使う場合の表示側html

<!--#include file="phpのURL" -->

ブログで表示する場合には「Feed2JS」というツールも使えるようですが、まだ試していません。

RSS取得(Google AJAX Feed API使用)

  • 更新日:
  • MT他PC関連

RSSの取得をcronを使わないで行う方法を探していたら
今更ですけど「Google AJAX Feed API」というものがある事を知り試してみました。
Googleからキーを入手した時に表示されるサンプルコードを見て
もう少し表示される内容を増やしたいし複数サイトの表示をしたいと
コードを公開しているサイトを彷徨って、
「スローライフな旅へ出よう」の「Google AJAX Feed APIでブログの更新情報を表示」
参考に、日付表記の変換はそのまま使わせていただきました。

htmlのhead

< script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi?key=取得したキー">< /script>
< script type="text/javascript" src="javascriptのURL">< /script>
< link href="使用するcssのURL" rel="stylesheet" type="text/css">

htmlのbody

<div id="feed"></div>

javascript

google.load("feeds", "1");
function initialize() {
   container = document.getElementById("feed");
   feedurl = new Array("RSSを取得したいサイトのRSSURLその1","RSSを取得したいサイトのRSSURLその2");
   for (n = 0; n < feedurl.length;n++ ) {
      var feed = new google.feeds.Feed(feedurl[n]);
      feed.setNumEntries(5);
      feed.load(function(result) {
         if (!result.error) {
             wkstr = "";
             wkstr ="<div class='rss'><h4>"+result.feed.title+"</h4><ul>";
             for (i = 0; i < result.feed.entries.length; i++) {
                 entry = result.feed.entries[i];
                 wkstr += "<li><a href='"+entry.link+"' target='_blank'>"+entry.title+"</a>   "changeDate(entry.publishedDate)"</li>";
            }
            wkstr += "</ul></div>";
            container.innerHTML += wkstr;
        }
    });
  }
}
google.setOnLoadCallback(initialize);
//日付表記を変換 参照サイトのコードを使用
function changeDate(str){
   var myDate=new Date(str);
   var MM=myDate.getMonth()+1;
   if(MM<10){MM="0"+MM;}
   var DD=myDate.getDate();
   if(DD<10){DD="0"+DD;}
   var date=MM+"/"+DD;
   return date;

css

.rss {
margin: 0px 0px 10px 0px;
padding: 0px;
width: 300px;
}
.rss h4 {
font-size: small;
text-align: center;
font-weight: bold;
text-transform: uppercase;
letter-spacing: .3em;
margin: 0px;
padding: 0px 0px 0px 5px;
background-color: #ccf;
}
.rss ul {
padding-left: 10px;
margin: 0px;
margin-bottom: 30px;
}
.rss li {
font-size: x-small;
text-align: left;
line-height: 150%;
list-style-type: none;
}

コメント表示

  • 更新日:
  • MT他PC関連

スパムコメントが届いたのでコメント入力を修正中なのですが
どこかで躓いて入力出来ないようになっております。
コメント入力できなかった方、申し訳ありません。

Mac環境整備中

  • 更新日:
  • MT他PC関連

諸々の事情でiMacをメインマシンにすることとなり環境を整備中です。

1つ目 ノートンからインターネットセキュリティバリアX4 バックアップエディションへ
ノートンの期限が来ていたのでノートンからintegoのインターネットセキュリティバリアX4 バックアップエディションに変更。
ノートンのアンインストールの仕方がわからずに躓きました。
何度か検索してシマンテックのサイトからアンインストーラーをダウンロードしてアンインストールすることがわかり実行。
インターネットセキュリティバリアX4 バックアップエディションのインストールはささっとできました。使いこなしてはいませんが。

2つ目 BootCampのインストール
何度かダウンロードを試みても時間がかかりすぎたり途中で止まってしまってできなかったBootCampをダウンロード。
今回は数分でダウンロード終了。今まで時間がかかっていた理由のがわかりません。
1.BootCampのマニュアルをプリントアウト
 必要なところと思われるページのみ印刷して斜め読みしました。
2.BootCampアシスタントを起動して、MacWindowsDriversディスクの作成
 問題なく終了。
3.Windows用のパーテーション作成
 「ディスクの検証に失敗しました。」で作成できませんでした。
 トラブルシューティングのページにディスクの復旧をして再度実行と書かれていたので、MacのCDを使って起動して起動ディスクの修復をしました。
 これもやり方がわからなくて検索した結果、意味がわかった次第です。Macに慣れていないと疑問符いっぱいになります。
 ディスクの修復が終わってから再度パーテーション作成をしたらすんなりできました。
4.WidowsXPのインストール
 キーボードを何にしたらいいか迷い、後からDriversディスクでドライバが入るのでとりあえず106にしてインストールしました。
 こちらは見慣れた画面なので時間はかかったものの問題なく終了。
5.MacWindowsDriversディスクからドライバのインストール
 問題なく終了。
6.BootCampコントロールの設定
 通常起動はMacを指定しました。
この後、Windowsのアップデートをしました。項目は90程。時間がかかりました。
Windowsで使っているソフトのダウンロードやインストールも終わりました。

Windowsを使っていて面倒なのは全角から半角への戻しです。
全角にするときは「カナかな」キーを押せばいいのですが、半角に戻す時は「英数」キーを押しても戻りません。
キーボードの指定を間違えたかもしれません。IMEツールバーで英数を選択したら戻せるのでそのままにしています。

ノートPCのバッテリー

  • 更新日:
  • MT他PC関連

8月半ばのことを今頃書いています。

ゴールデンウィーク中からAccessが入った大VAIO(PCG-F79)を使っていました。(メイン機にしていた新入りVAIO(VGN-FE51B)はお休み。)

8月に入ってPCを机の上で動かせず、力を入れてずらすと脚部分のゴムが机に張り付いていて動かせなくなっていました。麦のトイレ騒動があったので机とゴムが密着したのかとメモ用紙を挟んでおきました。

数日後、バッテリーが妙に熱いことに気付きました。暑いのでバッテリーが熱くなっていても気にならなかったのです。気になると何度も触って確認するものです。電源を落として暫くしても熱いまま。
危ないかもしれないと必要なデータは移動させてアダプターを抜いて様子見。暫くしたらやっとバッテリーは冷たくなりました。

机に張り付いていたのは熱くなったままのバッテリーが原因。
修理相談の部署に電話してみると、バッテリー交換かACアダプターで使用するかのどちらかというお話。溶けなかったかや怪我はしなかったかという質問もありました。

バッテリーを注文するつもりだったのですが、交換は2回目だしメインで使わなくなっているので、ACアダプターで繋いで使うことでいいかとなっています。
夏は何かしら壊れるのです。

ノートンさんとのお別れ

  • 更新日:
  • MT他PC関連

ノートンさんの使用期限があと5日となったので、更新作業。
ところがFirefoxだとエラーになって推奨されていないとの表示。
仕方なくIEで入り直し、更新できるかどうかチェックするソフトをダウンロードしてチェックし、「こちらのページでできます」というような場所をクリックしたらそのページが無い。

サポートに電話をしても話し中で繋がらない。
OEM版なのでそちらのサポートへ電話してみたら、10分近く待った後に出てきた方が「こちらでは扱っていません。更新手続きのサポートへ電話してください」の一言で、お詫びの言葉は無し。
サポートにメールを送ったら、お詫びの言葉はあったものの更新手続きに関するサポートは更新ページにある電話以外やっていないとの回答。
同じシマンテック内のページが無くて購入しようとしているのにできないのを、更新手続きのサポートへメールを転送するくらいのことができないのかと思ってしまいました。
月曜日の午前中にやったのがいけなかったのでしょうね。午後だったらまだ電話も空いていたようですが。

ノートンの更新は諦めました。
Zone Alarmとavast!をセットアップしてノートンさんは全て削除しました。すっきり。

気づくのが遅い

  • 更新日:
  • MT他PC関連

Six Apartからのニュースにやっと気づき、対応しました。
3.3へのバージョンアップ作業はHDDが飛んでから気力が無くなっているので、とりあえず「Movable Type 3.2用パッチファイル」を使って3.21にしました。

3連休の間にやったことのまとめ

  • 更新日:
  • MT他PC関連

すでに20日になっていますが、16,17,18日の3連休にやったことの覚書です。

その1:要らないフォルダやファイルの削除
Windowsの入れ直しをしたときに出来たような気がするフォルダやファイル。
無くてもいいものがありそうだけど心配で残したままでしたが、検索してみると消していいものがわかりました。参照はMicrosoftのサポートオンライン「Windows Server 2003 インストール が完了したら、一時的なディレクトリが削除されていない」

. $ LDR(ファイル)
. SETUPLDR.bin(ファイル)
. TXTSETUP.sif(ファイル)
. $ WIN_NT $.~ BT(ディレクトリ)

2 回避策
セットアップが完了すると、~ BT ディレクトリ$ LDR ファイルと SETUPLDR.bin ファイルと TXTSETUP.sif ファイルと$ WIN_NT に手動で$.を削除します。


とのこと。ごみ箱に入れて数日様子を見ていますが不具合はありません。19日にごみ箱を空にしました。

その2:MacでWindowsを起動するためのディスク作成のはずがリカバリーCD作成に
MacでWindowsを動かせるようにしたいと(Windows自体が必要なのではなくて今まで使っていたWordやExcelやWindowsでしか使えないフリーソフトを使いたいため)思うものの、我が家にはメーカーのリカバリーCDのみで純正WindowsのCDはありません。
nliteとSP+メーカーをとりあえずダウンロード。
nliteは純正CDがないと使えないようなので諦め。
SP+メーカーを使って、WindowsXP SP2込みのリカバリーCDを作ってみました。
WindowsXPのバージョンアップCDを使ってみたらXPのCDと認識してくれたようで出来ました。
ただ、アップデートのファイルも加えたら700MBを超えてしまいCD一枚に入らない・・・。
諸々で4、5時間近くかかって出来たのが使えないものだったので再作成はまだしていません。
XPSP2を含めアップデートファイルのダウンロードができているので、何かの時には役に立つでしょう。

その3:Firefoxのプラグイン追加
Firefoxで見るとレイアウトが崩れるサイトを整形して不具合無く見られるようにするプラグインTouchUpWebの記事をINTERNET WATCHで見たので入れてみました。
サンプルサイトでは不具合が解消されました。でも、他にはまだ出くわしていないので今後に期待。

一緒に入ったGreasemonkeyとは何だろうと検索しているとPlatyPus!やらStylishやらを見つけました。
Greasemonkeyは「指定ドメイン・URIに対しJavaScriptによるユーザーサイドスクリプトを追加することの出来る拡張です。ユーザースタイルシートではできない細かな動作指定が出来ます。」とのこと。参照はFirefoxまとめサイト

PlatyPus!、Stylish共に本来のCSSに、こちらの望む表示となるCSSをかぶせて表示状態を変更するプラグインです。
Firefoxで見ると文字が小さすぎるブログやバナーが本文記事にかぶってしまうブログがなんとかならないかとやってみました。
Stylishを使ってみました。
文字が小さすぎるブログは本文の文字サイズを大きく、バナーが本文記事にかぶってしまうブログはバナーの縦サイズを大きくしてみました。本来のCSSはEditCSSというプラグインでサイズを確認しました。
最初にそれぞれを表示した時、スタイルが摘要されているはずなのに元のまま。
右下のStylishのボタンでスタイルの摘要を外して、再度スタイルを摘要すると指定した状態で表示されるようになりました。
私の環境が悪いのだと思いますが、最初から摘要されるようになって欲しいけれど、IEに切り替えて表示(IE View)しなくてもいいだけましかしら。

このページの上部へ

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2016年1月 [17]
  2. 2015年12月 [31]
  3. 2015年11月 [30]
  4. 2015年10月 [31]
  5. 2015年9月 [32]
  6. 2015年8月 [31]
  7. 2015年7月 [31]
  8. 2015年6月 [30]
  9. 2015年5月 [31]
  10. 2015年4月 [30]
  11. 2015年3月 [31]
  12. 2015年2月 [27]
  13. 2015年1月 [31]
  14. 2014年12月 [31]
  15. 2014年11月 [30]
  16. 2014年10月 [32]
  17. 2014年9月 [30]
  18. 2014年8月 [32]
  19. 2014年7月 [31]
  20. 2014年6月 [32]
  21. 2014年5月 [31]
  22. 2014年4月 [30]
  23. 2014年3月 [31]
  24. 2014年2月 [28]
  25. 2014年1月 [31]
  26. 2013年12月 [31]
  27. 2013年11月 [30]
  28. 2013年10月 [27]
  29. 2013年9月 [33]
  30. 2013年8月 [34]
  31. 2013年7月 [33]
  32. 2013年6月 [30]
  33. 2013年5月 [32]
  34. 2013年4月 [30]
  35. 2013年3月 [32]
  36. 2013年2月 [27]
  37. 2013年1月 [31]
  38. 2012年12月 [31]
  39. 2012年11月 [32]
  40. 2012年10月 [31]
  41. 2012年9月 [29]
  42. 2012年8月 [37]
  43. 2012年7月 [31]
  44. 2012年6月 [30]
  45. 2012年5月 [31]
  46. 2012年4月 [30]
  47. 2012年3月 [31]
  48. 2012年2月 [29]
  49. 2012年1月 [37]
  50. 2011年12月 [30]
  51. 2011年11月 [34]
  52. 2011年10月 [35]
  53. 2011年9月 [37]
  54. 2011年8月 [39]
  55. 2011年7月 [35]
  56. 2011年6月 [36]
  57. 2011年5月 [34]
  58. 2011年4月 [30]
  59. 2011年3月 [30]
  60. 2011年2月 [28]
  61. 2011年1月 [33]
  62. 2010年12月 [34]
  63. 2010年11月 [30]
  64. 2010年10月 [31]
  65. 2010年9月 [32]
  66. 2010年8月 [34]
  67. 2010年7月 [33]
  68. 2010年6月 [31]
  69. 2010年5月 [32]
  70. 2010年4月 [33]
  71. 2010年3月 [33]
  72. 2010年2月 [33]
  73. 2010年1月 [36]
  74. 2009年12月 [36]
  75. 2009年11月 [35]
  76. 2009年10月 [41]
  77. 2009年9月 [35]
  78. 2009年8月 [36]
  79. 2009年7月 [38]
  80. 2009年6月 [36]
  81. 2009年5月 [34]
  82. 2009年4月 [34]
  83. 2009年3月 [36]
  84. 2009年2月 [29]
  85. 2009年1月 [33]
  86. 2008年12月 [41]
  87. 2008年11月 [41]
  88. 2008年10月 [37]
  89. 2008年9月 [33]
  90. 2008年8月 [30]
  91. 2008年7月 [37]
  92. 2008年6月 [37]
  93. 2008年5月 [33]
  94. 2008年4月 [36]
  95. 2008年3月 [32]
  96. 2008年2月 [37]
  97. 2008年1月 [31]
  98. 2007年12月 [34]
  99. 2007年11月 [29]
  100. 2007年10月 [31]
  101. 2007年9月 [34]
  102. 2007年8月 [34]
  103. 2007年7月 [36]
  104. 2007年6月 [30]
  105. 2007年5月 [30]
  106. 2007年4月 [31]
  107. 2007年3月 [31]
  108. 2007年2月 [26]
  109. 2007年1月 [27]
  110. 2006年12月 [30]
  111. 2006年11月 [27]
  112. 2006年10月 [28]
  113. 2006年9月 [36]
  114. 2006年8月 [34]
  115. 2006年7月 [39]
  116. 2006年6月 [38]
  117. 2006年5月 [33]
  118. 2006年4月 [27]
  119. 2006年3月 [29]
  120. 2006年2月 [24]
  121. 2006年1月 [30]
  122. 2005年12月 [38]
  123. 2005年11月 [28]
  124. 2005年10月 [32]
  125. 2005年9月 [29]
  126. 2005年8月 [37]
  127. 2005年7月 [33]
  128. 2005年6月 [37]
  129. 2005年5月 [38]
  130. 2005年4月 [10]

Powered by Movable Type 6.1.2