2011年11月のエントリー 一覧

一日潜っていました

  • 更新日:

昨日の麦
午前11時頃
mugi_20111103_2.jpg


午後3時は過ぎていたと思いますの頃
mugi_20111103_3.jpg

お腹が空く頃にやっと出て来ました。
自ら潜ることはなかったのですが、
何か思うところがあったのかしら。

今朝は何時も通りに鳴かれながらお世話。
ケージ掃除はトイレ前はしっかり掃除機がけし、
麦のいる家紋ベッド周りはホースでささっとで終了。

すずは蒲団の上で寝ているようで、
朝ご飯の後は姿を見ていません。

昨日の晩ご飯 麦21+8g。水30cc+自力で1回。すず20g。
朝ご飯 麦21g。水30cc+自力で1回。すず15g。
麦 小 昨日午後、晩ご飯前、追加ご飯後、夜、朝。大 晩ご飯前。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れるような曇ったままのような

隙間時間ができたと思ったのに

  • 更新日:

ぶれてしまいました、の今日の麦
mugi_20111103.jpg

こちらの朝ご飯の用意が済み、
洗濯が終わるのを待つまで手が空いたと
隙間時間に編物をしようと来てみたら、吐き跡が。
すずが全量吐き戻していました。
拭き掃除して掃き掃除して、食べ直してもらったら
洗濯が終わってしまいました。
ご飯の用意をする前に吐く前のような鳴き方をしていたので、
掃除の時間を用意してもらえたということにします。

昨日の晩ご飯 麦21+8g。水30cc。すず20g。
朝ご飯 麦21+3g。水30cc+自力で1回。すず14g吐き戻しで食べ直し12g。
麦 小 昨日午後、晩ご飯前、追加ご飯後、夜2回、朝。大 晩ご飯前。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:曇り

潜ったら何か違うのか

  • 更新日:

トイレの砂が乗っていたので取って綺麗にしようとしたら
麦が潜ってしまいました。
mugi_20111102.jpg
潜ると何か違って見えるのでしょうか。

日光浴を仲良くしているかと思ったら
すずが麦にちょっかいを出していました。
怒ったらストーブの吸排気管を気になるふり。
つまらないのはわかるけど参ります。

昨日の晩ご飯 麦21+8g。水30cc。すず21g。
朝ご飯 麦21g。水30cc。すず14g。
麦 小 昨日午後、晩ご飯前、追加ご飯後、朝。大 晩ご飯前、朝。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れ

秋の桜か

  • 更新日:

昨日、信号待ちのときに通り沿いの植え込みに花が咲いていました。
akisakura.jpg
コスモスではない秋桜でしょうか。

昨日のすず
suzu_20111031.jpg
日光浴しながら寝ていました。
フタリ共今日も日光浴をしてくれています。

何ヶ月ぶりかで髪を切って来ました。
軽くなって嬉しいです。

昨日の晩ご飯 麦21+8g。水30cc。すず17gしか食べてくれず。ちょっとお腹の具合がよろしくなかった。
朝ご飯 麦21g。水30cc。すず14g。今朝はちゃんと食べました。
麦 小 昨日昼、晩ご飯前、夜、朝。大 晩ご飯前、朝。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れ

このページの上部へ

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2016年7月 [24]
  2. 2016年6月 [30]
  3. 2016年5月 [31]
  4. 2016年4月 [30]
  5. 2016年3月 [31]
  6. 2016年2月 [29]
  7. 2016年1月 [34]
  8. 2015年12月 [31]
  9. 2015年11月 [30]
  10. 2015年10月 [31]
  11. 2015年9月 [32]
  12. 2015年8月 [31]
  13. 2015年7月 [31]
  14. 2015年6月 [30]
  15. 2015年5月 [31]
  16. 2015年4月 [30]
  17. 2015年3月 [31]
  18. 2015年2月 [27]
  19. 2015年1月 [31]
  20. 2014年12月 [31]
  21. 2014年11月 [30]
  22. 2014年10月 [32]
  23. 2014年9月 [30]
  24. 2014年8月 [32]
  25. 2014年7月 [31]
  26. 2014年6月 [32]
  27. 2014年5月 [31]
  28. 2014年4月 [30]
  29. 2014年3月 [31]
  30. 2014年2月 [28]
  31. 2014年1月 [31]
  32. 2013年12月 [31]
  33. 2013年11月 [30]
  34. 2013年10月 [27]
  35. 2013年9月 [33]
  36. 2013年8月 [34]
  37. 2013年7月 [33]
  38. 2013年6月 [30]
  39. 2013年5月 [32]
  40. 2013年4月 [30]
  41. 2013年3月 [32]
  42. 2013年2月 [27]
  43. 2013年1月 [31]
  44. 2012年12月 [31]
  45. 2012年11月 [32]
  46. 2012年10月 [31]
  47. 2012年9月 [29]
  48. 2012年8月 [37]
  49. 2012年7月 [31]
  50. 2012年6月 [30]
  51. 2012年5月 [31]
  52. 2012年4月 [30]
  53. 2012年3月 [31]
  54. 2012年2月 [29]
  55. 2012年1月 [37]
  56. 2011年12月 [30]
  57. 2011年11月 [34]
  58. 2011年10月 [35]
  59. 2011年9月 [37]
  60. 2011年8月 [39]
  61. 2011年7月 [35]
  62. 2011年6月 [36]
  63. 2011年5月 [34]
  64. 2011年4月 [30]
  65. 2011年3月 [30]
  66. 2011年2月 [28]
  67. 2011年1月 [33]
  68. 2010年12月 [34]
  69. 2010年11月 [30]
  70. 2010年10月 [31]
  71. 2010年9月 [32]
  72. 2010年8月 [34]
  73. 2010年7月 [33]
  74. 2010年6月 [31]
  75. 2010年5月 [32]
  76. 2010年4月 [33]
  77. 2010年3月 [33]
  78. 2010年2月 [33]
  79. 2010年1月 [36]
  80. 2009年12月 [36]
  81. 2009年11月 [35]
  82. 2009年10月 [41]
  83. 2009年9月 [35]
  84. 2009年8月 [36]
  85. 2009年7月 [38]
  86. 2009年6月 [36]
  87. 2009年5月 [34]
  88. 2009年4月 [34]
  89. 2009年3月 [36]
  90. 2009年2月 [29]
  91. 2009年1月 [33]
  92. 2008年12月 [41]
  93. 2008年11月 [41]
  94. 2008年10月 [37]
  95. 2008年9月 [33]
  96. 2008年8月 [30]
  97. 2008年7月 [37]
  98. 2008年6月 [37]
  99. 2008年5月 [33]
  100. 2008年4月 [36]
  101. 2008年3月 [32]
  102. 2008年2月 [37]
  103. 2008年1月 [31]
  104. 2007年12月 [34]
  105. 2007年11月 [29]
  106. 2007年10月 [31]
  107. 2007年9月 [34]
  108. 2007年8月 [34]
  109. 2007年7月 [36]
  110. 2007年6月 [30]
  111. 2007年5月 [30]
  112. 2007年4月 [31]
  113. 2007年3月 [31]
  114. 2007年2月 [26]
  115. 2007年1月 [27]
  116. 2006年12月 [30]
  117. 2006年11月 [27]
  118. 2006年10月 [28]
  119. 2006年9月 [36]
  120. 2006年8月 [34]
  121. 2006年7月 [39]
  122. 2006年6月 [38]
  123. 2006年5月 [33]
  124. 2006年4月 [27]
  125. 2006年3月 [29]
  126. 2006年2月 [24]
  127. 2006年1月 [30]
  128. 2005年12月 [38]
  129. 2005年11月 [28]
  130. 2005年10月 [32]
  131. 2005年9月 [29]
  132. 2005年8月 [37]
  133. 2005年7月 [33]
  134. 2005年6月 [37]
  135. 2005年5月 [38]
  136. 2005年4月 [10]

Powered by Movable Type 6.1.2