2011年1月のエントリー 一覧

水漏れ解決したのかいないのか

  • 更新日:

今朝のフタリ
良い子座りの麦
mugi_20110112.jpg

すりすり中に撮ったのでぶれてしまったすず
suzu_20110112.jpg

昨日の午後、やっっっっと水道工事に来てくれました。
日曜日に連絡して来たときは何もしないで帰ったのに
昨日は「朝から凍結での依頼が多くて対応していて、
行けると思う」という電話で、
「大変な家があることはわかったけれどもこちらは日曜から待っているんだ」と
言ったら申し訳無さそうに来てくれました。
でも、音がしていたところから水の流れる音が聞こえなくて、
ひびの入っていた管を交換してもそこが原因だったのかわからなくなりました。
で、今朝、交換してくれたところの水を出してみても一滴も出て来ないため、
また電話して来てもらう事になっています。

書いている間に来てくれました。作業中です。
麦は炬燵に待機中、すずは籠に行ったまま出て来ません。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水60cc。すず20g。
朝ご飯 麦23g。水30cc。すず11gしか食べてくれず。

天気:晴れ


ぱんだまんと麦

  • 更新日:

ぱんだまんに興味津々な麦
mugi_20110110.jpg
舐めらた上、頭の黄色い部分は取れられました。
取られないように食べていたので味は???でした。

昨夜は冷えてきてすずが何度も蒲団に来ました。
何度目かに蒲団をめくるのが面倒になり、
身体を少し動かして隙間を開けてみたら自力で入ってくれました。
次回からいつでもこうしようかしら。

今朝のストーブ付近の気温は3℃。この冬一番の寒さです。
麦は炬燵には入りました。
すずは籠に入ってしまって炬燵を点けても下りてきません。

水道屋さんは9時を回ったのに来てくれません。
早く来てくれて一日で直りますように。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水60cc。すず20g。
朝ご飯 麦23g。水30cc+自力でちょっと。すず11gだけ。

天気:曇り

炬燵待ち

  • 更新日:

今朝のフタリ
mugisuzu_20110111.jpg
炬燵に入れるようになるのを待っているすず。
上に乗って寛ぐつもりだったと思われる麦。

この後、炬燵を戻したらすずが入りました。
フタリ共一時出て来ていましたけど炬燵に戻りました。

自主的水止め生活が続いています。
強制的なでも他から見たら軟弱なサバイバル生活をしたからか
気にならずに過ごせています。
明日直るといいな。

麦の機嫌は直ってますが、すずは食べてくれません。うーむ。
キャットタワー横の窓にレースカーテンを加えたのが原因かしら。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水60cc。すず20gやっと。
朝ご飯 麦23g。水50cc+自力で2回。すず12g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れ

水が漏れてます

  • 更新日:

久しぶりのすず
suzu_20110108.jpg

昨日の夕方、風呂場の排水溝から水の音が聞こえ
外を見に行ったら水がチョロチョロ出ている水道管がありました。
近くの止水栓を止めてみても音が止まらず、
元の水栓を止めてみたら止まりました。
どうなっているかわからないため水を使うことをささっと終わらせて、
ポリタンク、ペットボトル、薬缶、鍋に水を溜めて
元の水栓を止めてもらって一晩過ごしました。
朝になって止水栓を一つずつ確認してもらいましたが
どれを止めても駄目だとわかり、
使用水量のお知らせの裏に書かれている
24時間対応の連絡先に電話して来てもらうようにお願いしました。

10時前に業者さんが来てくれました。
状態を見て火曜日に工事をしに来ると帰っていきました。
水漏れ証明を出すので料金の追加徴収は無いから
普通に使っていて良いと言われました。
でも不安なので使うときだけ水栓を開ける事にしました。

麦は色々やっているせいかテロ頻発。
食品庫、食器棚が犠牲になりました。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水60cc。すず20g。
朝ご飯 麦23g。水40cc。すず12g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れてますけど曇って来そうです。

麦の顔も見えていたら良かったのに

  • 更新日:

今朝のフタリ
mugisuzu_20110108.jpg
麦がキャットタワーから外見物していたところに
すずが乗っていって後ろにくっつきました。
珍しく麦がそのままいてくれたのでとりあえず撮りました。
麦の顔も見えるように撮りたかったのですけど、
麦が下りて来てしまって駄目でした。残念です。

フタリ共炬燵に入ってぬくぬくです。
すずは炬燵の中で座椅子の上で寝ていて
夫はノートPCの向きを変えて座布団で使用中です。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水65cc。すず21g。
朝ご飯 麦23g。水45cc。すず13g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れ

ここでも暖かい

  • 更新日:

キャットタワーのフタリ
mugisuzu_20110107.jpg
ストーブは横にありますので、ここでも暖かいのです。
今朝はストーブ付近の気温が5℃でした。
2階の掃除をする時に足が冷たくて
スリッパを履いたまま畳に乗りたくなりました。
昨日の午前中に降った雪は天気が回復してすっかり無くなりました。

こちらの朝ご飯の後に炬燵を戻しても
すずは籠から出て来ません。
麦は炬燵に入りました。

昨日追加した写真、試してみてもなかなか巡り会えません。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水65cc。すず21gは食べてくれたと。
朝ご飯 麦23g。水40cc。すず13g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れ

ちびちび麦追加

  • 更新日:

web拍手にちびちび麦7枚追加しました。
運が良ければ見られるかと。

昨日の麦
mugi_20110105_2.jpg
元日から日に一度はここで丸くなるので定点観測ができました。
6日目の今日は駄目かと思っていたのに
振り向いたらここで身づくろい中でした。
急いで写真を撮りました。これはまた明日。

すずはご飯の途中から炬燵の中。
一度出て来て水を飲んだらそそくさと炬燵に戻っていきました。
炬燵大好きなすずです。

昨日の晩ご飯 麦21+8g。水80cc。すず22g。
朝ご飯 麦22g。水35cc。すず14g。

天気:概ね曇りかな。雪が降ったり止んだり晴れてみたり。

麦爆走

  • 更新日:

電子レンジ台に乗ってスリスリクンクン
mugi_20110105.jpg
その後、爆走しました。
理由は全然わかりません。
走りが終わってからもうろうろしていましたが、
やっと炬燵に入ってくれました。

すずはずっと炬燵の中です。

今朝は普通に掃除機を持って来てかけていただけなのに
麦を吃驚させてしまいました。
真ん丸目で鼻は赤くなってました。
昨日もちょっとした音でびくびくしていて
普通に戻るには時間がかかるようです。

昨日の晩ご飯 麦21+8g。水65cc。すず22g3粒残し。
朝ご飯 麦23g。水45cc+自力でちょっと。すず13g。

天気:晴れ

どちらも吽

  • 更新日:

昨日のフタリ
mugisuzu_20110103.jpg
トップページの写真はこの状態をなるべく近くになるよう
角度を変えて撮ったものです。
端と端でどちらか口を開いていてくれたら阿吽になったのに
どちらも吽です。

町内会から近火お見舞いにと町会長直々で日本酒一升を戴きました。
こういう習慣があるとは思いませんでした。

電力会社の方が電線の点検に来たり
色々と大きな車が来たりしますが
フタリ共落ちついて来ました。

麦は座布団の上に乗せた家紋ベッド、
すずは炬燵でぬくぬくしています。

昨日の晩ご飯 麦21+8g。水65cc。すず22g1粒残し。
朝ご飯 麦22g。水40cc。すず13g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れ

「プリーツ模様で」のマフラー

  • 更新日:
  • 作り物

muffler2011_01.jpg

編み図:裏も楽しい手編みのマフラー/嶋田俊之著/文化出版局 Rのプリーツ模様で。
作り目は33目。
糸:AVRIL 紬糸 絹100% 3本引き揃え(グラデーション変わり丸衿 AVRIL 鳥居節子 手編みキットの残り糸) 66g
針:7号60cm輪針
期間:2011年1月1日から3日

毛のマフラーはチクチクしてきて長時間していられないため、
夏に編んだコットンのマフラーが意外と温かかったので
紬糸ではどうだろうと編んでみました。
ちくちくはしないので使えそうです。

このページの上部へ

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2016年7月 [24]
  2. 2016年6月 [30]
  3. 2016年5月 [31]
  4. 2016年4月 [30]
  5. 2016年3月 [31]
  6. 2016年2月 [29]
  7. 2016年1月 [34]
  8. 2015年12月 [31]
  9. 2015年11月 [30]
  10. 2015年10月 [31]
  11. 2015年9月 [32]
  12. 2015年8月 [31]
  13. 2015年7月 [31]
  14. 2015年6月 [30]
  15. 2015年5月 [31]
  16. 2015年4月 [30]
  17. 2015年3月 [31]
  18. 2015年2月 [27]
  19. 2015年1月 [31]
  20. 2014年12月 [31]
  21. 2014年11月 [30]
  22. 2014年10月 [32]
  23. 2014年9月 [30]
  24. 2014年8月 [32]
  25. 2014年7月 [31]
  26. 2014年6月 [32]
  27. 2014年5月 [31]
  28. 2014年4月 [30]
  29. 2014年3月 [31]
  30. 2014年2月 [28]
  31. 2014年1月 [31]
  32. 2013年12月 [31]
  33. 2013年11月 [30]
  34. 2013年10月 [27]
  35. 2013年9月 [33]
  36. 2013年8月 [34]
  37. 2013年7月 [33]
  38. 2013年6月 [30]
  39. 2013年5月 [32]
  40. 2013年4月 [30]
  41. 2013年3月 [32]
  42. 2013年2月 [27]
  43. 2013年1月 [31]
  44. 2012年12月 [31]
  45. 2012年11月 [32]
  46. 2012年10月 [31]
  47. 2012年9月 [29]
  48. 2012年8月 [37]
  49. 2012年7月 [31]
  50. 2012年6月 [30]
  51. 2012年5月 [31]
  52. 2012年4月 [30]
  53. 2012年3月 [31]
  54. 2012年2月 [29]
  55. 2012年1月 [37]
  56. 2011年12月 [30]
  57. 2011年11月 [34]
  58. 2011年10月 [35]
  59. 2011年9月 [37]
  60. 2011年8月 [39]
  61. 2011年7月 [35]
  62. 2011年6月 [36]
  63. 2011年5月 [34]
  64. 2011年4月 [30]
  65. 2011年3月 [30]
  66. 2011年2月 [28]
  67. 2011年1月 [33]
  68. 2010年12月 [34]
  69. 2010年11月 [30]
  70. 2010年10月 [31]
  71. 2010年9月 [32]
  72. 2010年8月 [34]
  73. 2010年7月 [33]
  74. 2010年6月 [31]
  75. 2010年5月 [32]
  76. 2010年4月 [33]
  77. 2010年3月 [33]
  78. 2010年2月 [33]
  79. 2010年1月 [36]
  80. 2009年12月 [36]
  81. 2009年11月 [35]
  82. 2009年10月 [41]
  83. 2009年9月 [35]
  84. 2009年8月 [36]
  85. 2009年7月 [38]
  86. 2009年6月 [36]
  87. 2009年5月 [34]
  88. 2009年4月 [34]
  89. 2009年3月 [36]
  90. 2009年2月 [29]
  91. 2009年1月 [33]
  92. 2008年12月 [41]
  93. 2008年11月 [41]
  94. 2008年10月 [37]
  95. 2008年9月 [33]
  96. 2008年8月 [30]
  97. 2008年7月 [37]
  98. 2008年6月 [37]
  99. 2008年5月 [33]
  100. 2008年4月 [36]
  101. 2008年3月 [32]
  102. 2008年2月 [37]
  103. 2008年1月 [31]
  104. 2007年12月 [34]
  105. 2007年11月 [29]
  106. 2007年10月 [31]
  107. 2007年9月 [34]
  108. 2007年8月 [34]
  109. 2007年7月 [36]
  110. 2007年6月 [30]
  111. 2007年5月 [30]
  112. 2007年4月 [31]
  113. 2007年3月 [31]
  114. 2007年2月 [26]
  115. 2007年1月 [27]
  116. 2006年12月 [30]
  117. 2006年11月 [27]
  118. 2006年10月 [28]
  119. 2006年9月 [36]
  120. 2006年8月 [34]
  121. 2006年7月 [39]
  122. 2006年6月 [38]
  123. 2006年5月 [33]
  124. 2006年4月 [27]
  125. 2006年3月 [29]
  126. 2006年2月 [24]
  127. 2006年1月 [30]
  128. 2005年12月 [38]
  129. 2005年11月 [28]
  130. 2005年10月 [32]
  131. 2005年9月 [29]
  132. 2005年8月 [37]
  133. 2005年7月 [33]
  134. 2005年6月 [37]
  135. 2005年5月 [38]
  136. 2005年4月 [10]

Powered by Movable Type 6.1.2