2011年1月のエントリー 一覧

ストーブ

  • 更新日:

今朝のフタリ
キャットタワーでくるりん尻尾の麦
mugi_20110121.jpg

ストーブの前から離れないすず
suzu_20110121.jpg
ちらっとこちらを向きましたけど、すぐにストーブの方を向いてしまいました。
じっと温まってます。
こういう子が外の何処で温まっていたのかと考えると
家に来てもらって良かったと思います。

食器棚にテロ、床に吐き跡がある朝で、
それらを綺麗にしてついでにトイレ掃除と
ペットシーツ前の床拭きをしてから朝ご飯。
麦に文句を言われましたが
原因を作ったのは麦なので知らんぷりしてました。

炬燵の下に麦が入ったので蒲団を戻しました。
フタリして入ってます。今日もバトル無しです。

昨日の晩ご飯 麦22+8gだと。水20cc。すず22g。
朝ご飯 麦22g。水シリンジで40cc。すず14g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れ

こちらを向いてしまった

  • 更新日:

今朝のフタリ
mugisuzu_20110120.jpg
フタリして外を見ているところを撮ろうとしていたですけど
麦がこちらを向いてしまいました。
で、フタリ共外を向いている写真はみんなぶれていて使えませんでした。

とうとう「かせくり機」を買いました。
「玉巻き機」を買った時に一緒に買ってしまおうかと思いながら
かせで買う事が少ないので止めたのです。
でも、少し前に色が気に入って買った糸がかせで、
その糸が滑りやすくて玉にするのが一仕事でした。
ご近所さんから戴いたままのかせの糸もあるし、
「あのとき買っておけば良かったと思うでしょ。」という
編物倶楽部の方の後押しもあって買ってしまいました。
昨日は、滑る糸2かせとご近所さんから戴いた7かせを玉にしました。
楽しい作業でした。道具というものは便利なものです。

麦が炬燵に入っていると思っていたのに
テロ対策用段ボールの向こうで外見物していました。
段ボールを持ち上げたら戻って来て炬燵に入っていきました。
炬燵の中から外が見えるわけではないし、
何が見たかったのかしら。

すずは籠に入ったら戻って来ません。

昨日の晩ご飯 麦22gと水40ccを入れたけど吐き戻しで16g入れて水無し。追加7g。自力で水を飲んでいました。すず22g3粒残し。
朝ご飯 麦22g。水20cc+10cc+自力でちょっと。すず14g。

天気:曇りなような

今日はヒトリずつ

  • 更新日:

今朝のフタリ
mugi_20110119.jpg

suzu_20110119.jpg

片付けをしていたら「ムギャー」という声が聞こえたので見てみたら
炬燵蒲団の上に乗せた座椅子の上に乗っていた麦を
下ろしたときに鳴いた声でした。
動きたくないところで抱き上げると抗議の鳴き声を出すんです。
いじめられているかのような声でこちらは悲しくなるのです。

で、炬燵を戻したら中に入り、ストーブ前で温まっていたすずも
暫くしたら入っていきました。
今日も炬燵の中は静かです。バトルが無いのはいい日です。

昨日編物倶楽部へ行った時にいい加減にゲージを取った帽子が
夜には出来上がってしまいました。
いくつか編みたいような気もしますが、
使ってくれる人が見つかってからにしようかしら。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水40cc。すず22g。
朝ご飯 麦21g。水45cc。すず16g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れ

耳ぴた

  • 更新日:
  • 作り物

mimipita_01.jpg

編み図:耳ぴったり帽 通称「耳ぴた」/とらのママ/不埒な編物三昧のパターン三昧より
糸:ダイヤ ウール並太40g/約96m COL.103 38g
針:5,3号輪針、6号かぎ針
期間:2011年1月18日

PDFよりも文字で書いてある方が見やすかったので英語版Mimipitaを見て作りました。
作り目の作り方はかぎ針を使った方法に変更しました。
他は編み図通りに作ったつもり。
いつもよりも糸をひいてきつめに編んだら
編み図よりもサイズが小さくなってしまいましたが、
私の頭にはぴったりサイズでした。

今日もフタリ一緒なんですよ

  • 更新日:

今日のフタリ。一瞬のことだったけど。
mugisuzu_20110118.jpg
一昨日、昨日に比べたら暖かい日です。
午前中にやっと編物倶楽部へ行くことができました。
着込んで行き過ぎて途中で暑くなってきてしまいました。

フタリのためにホットカーペットは入れて行きました。
麦は炬燵に入ったままでしたが、
すずはお日様のあたるところで日向ぼっこをしていました。

今も家紋ベッドから動いて日向ぼっこしています。
麦は一度出てきて炬燵に戻りました。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水40cc。すず22g。
朝ご飯 麦23g。水40cc。すず14g。

天気:晴れ

今日もフタリ一緒

  • 更新日:

今朝のフタリ
mugisuzu_20110117.jpg

寒さに負けて炬燵のノートPCを使ってます。
夫が使っていないとき限定ですが、
エディタが使いやすいので作業は進みます。

すずが一緒に寝てくれると暖かいのです。
でも体勢を替えるような動きをすると出て行ってしまうのです。
なんとか我慢してくれないかしら。

麦は湯たんぽのすぐ横で寝ていて、
ずっと曲げていて辛くなった足を
無理やり伸ばしたら出て行ってしまいました。
こちらも我慢してくれたらよかったのに。

フタリ共炬燵に入りました。
今日は仲良く入っていてバトルはありません。

昨日の晩ご飯 麦21g入れたけ吐き戻しで半分10g追加+8g。水60cc入れたけどどの位飲めたのか不明。すず22g。
朝ご飯 麦23g。水40cc。すず15g

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れていますが、西の空は暗いです。

フタリ一緒

  • 更新日:

今朝のフタリ
mugisuzu_20110116.jpg
すずが真ん丸に見えます。
実際は麦程丸くないです。

寒いです。雪が降ったり止んだりしていて冷えています。
ストーブ前に行くと離れられません。
Macに向っているときは手袋+オーバースカート+ルームシューズ+
足置きマット+膝掛けを肩から羽織るという格好になりました。
これでもあまり暖かく感じません。

フタリは炬燵に入ってぬくぬくです。
何時もの膝に乗る時間はちょっとの間で終わりました。
乗っても暖かくなかったからかもしれません。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水60cc。すず22g。
朝ご飯 麦22g。水45cc。すず15g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:曇り。雪が降ったり止んだり。

撮れたけど証拠写真

  • 更新日:

昨日も撮れず。
やっと撮れた写真が上ってはいけないストーブの上に上った証拠写真でした。
suzu_20110115.jpg
こちらが朝ご飯を食べている時から上ばかり見ていたので、
その度に「上っちゃ駄目よ。」と言っていたのですが
片づけをしていて目を離したときに上っていました。
上より正面の方が暖かいと思うんだけど、時々上りたくなるようです。

麦は炬燵に入ったり出たりしてましたが、
すずのちょっかいがなくなったら
とりあえず一緒に炬燵に入っています。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水60cc。すず22g。
朝ご飯 麦22g。水40cc。すず13g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:曇り

在庫になってしまいました

  • 更新日:

10日の定点観測
mugi_20110110_2.jpg

昨日は午後出かけ夜も合唱の練習で出かけたため、
フタリが見える時間がご飯のときだけで
器を持ちながらうろうろしなくちゃならないので写真は撮れず。
今朝は身体が冷えているまま寝たら全然眠れなくて
15分程寝坊してしまい撮る余裕がありませんでした。
フタリ共、夫が出かける前に戻してくれた炬燵に入って出て来ません。

お向かいにはNTTやら消防やらの車がまだやって来ます。
火事を出したら後々まで大変なことになるんだと勉強させてもらっています。

昨日の晩ご飯 麦22+8gだと。水60cc。すず20gは食べてくれたと思いたい。
朝ご飯 麦23g。水35cc。すず12g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れ

水道直りました

  • 更新日:

昨日の麦。定点観測できました。
mugi_20110112_2.jpg

水道はやっと直りました。
水道管にひびが入って漏れていたのもありますが、
一滴も出なくなった原因はひびが入った水道管の地面寄りの部分まで
凍結防止のヒーターがきっちりと巻かれていなくて凍ったからでした。
この家に入る前に、湯船のカランが凍結で飛んだことがあると聞いていましたので、
建てた時からの問題だったようです。
原因がわかってすっきりしました。

麦が知らないうちに食器棚にテロを起こしていました。
床拭きしているときに気づいて即刻掃除しました。
知らない人のにおいがしたら仕方ないと思いますが、
食器棚はやめて欲しいです。

すずは普通に食べてくれるようになりました。
でも、器運び&器持ちの時間が長くて参ってます。

フタリ共炬燵に入ってしまいまして、
まだ1枚も撮れていません。

昨日の晩ご飯 麦22+8g。水60cc。すず20g。
朝ご飯 麦23g。水40cc。すず13g。

天気:晴れ。昨夜雪が降って少し積もっています。

このページの上部へ

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2016年7月 [24]
  2. 2016年6月 [30]
  3. 2016年5月 [31]
  4. 2016年4月 [30]
  5. 2016年3月 [31]
  6. 2016年2月 [29]
  7. 2016年1月 [34]
  8. 2015年12月 [31]
  9. 2015年11月 [30]
  10. 2015年10月 [31]
  11. 2015年9月 [32]
  12. 2015年8月 [31]
  13. 2015年7月 [31]
  14. 2015年6月 [30]
  15. 2015年5月 [31]
  16. 2015年4月 [30]
  17. 2015年3月 [31]
  18. 2015年2月 [27]
  19. 2015年1月 [31]
  20. 2014年12月 [31]
  21. 2014年11月 [30]
  22. 2014年10月 [32]
  23. 2014年9月 [30]
  24. 2014年8月 [32]
  25. 2014年7月 [31]
  26. 2014年6月 [32]
  27. 2014年5月 [31]
  28. 2014年4月 [30]
  29. 2014年3月 [31]
  30. 2014年2月 [28]
  31. 2014年1月 [31]
  32. 2013年12月 [31]
  33. 2013年11月 [30]
  34. 2013年10月 [27]
  35. 2013年9月 [33]
  36. 2013年8月 [34]
  37. 2013年7月 [33]
  38. 2013年6月 [30]
  39. 2013年5月 [32]
  40. 2013年4月 [30]
  41. 2013年3月 [32]
  42. 2013年2月 [27]
  43. 2013年1月 [31]
  44. 2012年12月 [31]
  45. 2012年11月 [32]
  46. 2012年10月 [31]
  47. 2012年9月 [29]
  48. 2012年8月 [37]
  49. 2012年7月 [31]
  50. 2012年6月 [30]
  51. 2012年5月 [31]
  52. 2012年4月 [30]
  53. 2012年3月 [31]
  54. 2012年2月 [29]
  55. 2012年1月 [37]
  56. 2011年12月 [30]
  57. 2011年11月 [34]
  58. 2011年10月 [35]
  59. 2011年9月 [37]
  60. 2011年8月 [39]
  61. 2011年7月 [35]
  62. 2011年6月 [36]
  63. 2011年5月 [34]
  64. 2011年4月 [30]
  65. 2011年3月 [30]
  66. 2011年2月 [28]
  67. 2011年1月 [33]
  68. 2010年12月 [34]
  69. 2010年11月 [30]
  70. 2010年10月 [31]
  71. 2010年9月 [32]
  72. 2010年8月 [34]
  73. 2010年7月 [33]
  74. 2010年6月 [31]
  75. 2010年5月 [32]
  76. 2010年4月 [33]
  77. 2010年3月 [33]
  78. 2010年2月 [33]
  79. 2010年1月 [36]
  80. 2009年12月 [36]
  81. 2009年11月 [35]
  82. 2009年10月 [41]
  83. 2009年9月 [35]
  84. 2009年8月 [36]
  85. 2009年7月 [38]
  86. 2009年6月 [36]
  87. 2009年5月 [34]
  88. 2009年4月 [34]
  89. 2009年3月 [36]
  90. 2009年2月 [29]
  91. 2009年1月 [33]
  92. 2008年12月 [41]
  93. 2008年11月 [41]
  94. 2008年10月 [37]
  95. 2008年9月 [33]
  96. 2008年8月 [30]
  97. 2008年7月 [37]
  98. 2008年6月 [37]
  99. 2008年5月 [33]
  100. 2008年4月 [36]
  101. 2008年3月 [32]
  102. 2008年2月 [37]
  103. 2008年1月 [31]
  104. 2007年12月 [34]
  105. 2007年11月 [29]
  106. 2007年10月 [31]
  107. 2007年9月 [34]
  108. 2007年8月 [34]
  109. 2007年7月 [36]
  110. 2007年6月 [30]
  111. 2007年5月 [30]
  112. 2007年4月 [31]
  113. 2007年3月 [31]
  114. 2007年2月 [26]
  115. 2007年1月 [27]
  116. 2006年12月 [30]
  117. 2006年11月 [27]
  118. 2006年10月 [28]
  119. 2006年9月 [36]
  120. 2006年8月 [34]
  121. 2006年7月 [39]
  122. 2006年6月 [38]
  123. 2006年5月 [33]
  124. 2006年4月 [27]
  125. 2006年3月 [29]
  126. 2006年2月 [24]
  127. 2006年1月 [30]
  128. 2005年12月 [38]
  129. 2005年11月 [28]
  130. 2005年10月 [32]
  131. 2005年9月 [29]
  132. 2005年8月 [37]
  133. 2005年7月 [33]
  134. 2005年6月 [37]
  135. 2005年5月 [38]
  136. 2005年4月 [10]

Powered by Movable Type 6.1.2