2009年11月のエントリー 一覧

今日は一日炬燵

  • 更新日:

昨日、座布団の上に家紋ベッドを重ねておかなかったら
フタリして日向ぼっこしてくれました。
mugisuzu_20091129_2.jpg
でも、ちょっとの間だけでした。

今日は朝から出かけたら帰って来るとフタリ共炬燵の中。
すずが入ったらしい穴はあっても出た気配がありません。
晩までこのままのような気がします。

昨日の晩ご飯 麦完食。水40cc。すず23g。
朝ご飯 麦完食。水45cc。すず14g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:曇り。時々お日様が見えるようになりました。

猫の成る木

  • 更新日:

今朝のフタリ
mugisuzu_20091129.jpg
キャットタワーは猫の成る木に見えました。

昨日の晩ご飯、麦が吐き戻しをしてしまい食べ直し。
でも、食べ足りなかったのか長いこと器前や台所からは慣れませんでした。
ちゃんとあげたのに。
すずは何時もより沢山食べてくれて良かった良かったでした。

今朝は炬燵が入ったと思われるのですけどすずの蒲団訪問がありました。
ずっと居てくれたらいいのに、気が変わると出て行くので
こちらは目が覚めてばかりでした。
目覚ましが鳴ってもなかなか動かなかったら麦に大鳴きされました。

只今麦は座布団の上で日向ぼっこしながら寝ています。
すずは籠から下りてきません。

昨日の晩ご飯 麦完食。水70cc入れたけれど吐き戻したのでどの位飲んでくれたかわかりません。すず24g。
朝ご飯 麦完食。水55cc。すず16g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れのようです

ビーズのツリー

  • 更新日:
  • 作り物

tree2009.jpg
編物倶楽部でYuki(yukiamu)さんに教えていただきました。
一番上にはサンタクロースや雪だるまやキラキラ光るものを飾るのですが
家の場合は招き猫となりました。

今日も日向ぼっこ

  • 更新日:

昨日の麦
mugi_20091127.jpg
炬燵に入らずにちゃんと日向ぼっこしてくれました。
すずはしっかり炬燵の中でした。

炬燵のタイマー設定に失敗して炬燵が暖かくなっていませんでした。
レンジ湯たんぽは入れておいてくれたので
炬燵を入れて中を見たら麦が湯たんぽの上で温まってました。
ちょこんと乗っていて可愛らしかったです。
何だよと睨まれそうなだったので写真は諦めました。

すずは籠に入ったのか見当たらず。
ストーブが点いているので上の方が暖かいのかしら。

昨日の晩ご飯 麦完食。水65cc。すず24g。
朝ご飯 麦完食。水50cc。すず13g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:今のところ曇り。雨が降りそうです。

wurmその2

  • 更新日:
  • 作り物

名前:wurmその2
wurm2.jpg

編み図:umschlagplatz.atのwurm
糸:NORO くれよんソックヤーンCOL.S102 62g
針:3,4号40cm輪針
期間:2009年11月24日から11月26日

作り目は100目。
裏編みと表編みの繰り返し9回。

ここも日向

  • 更新日:

昨日の午後部屋の隅のお日様があたる所で日向ぼっこしていた麦
mugi_20091126_2.jpg
全身は温まりません。

今日はキャットタワーの上まで掃除をしたので
フタリに逃げられました。
炬燵をすぐに戻したのに全然使ってくれないから
掃除をしてみたのですけど、麦は食卓椅子へすずはロフトベッドへ逃げて
炬燵へは行ってくれませんでした。
毎度の事ながら上手くはいかないものです。

昨日の晩ご飯 麦完食。水60cc。すず21g。
朝ご飯 麦完食。水70cc入ってしまったけど飲んでもらえました。すず14g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れのようです

虫さん何処へ

  • 更新日:

今朝、こちらの朝ご飯の最中、麦がじっと壁を見つめておりました。
見ると虫さんがひょろひょろと歩いている。
それをじっと見ていたので写真を撮ろうとカメラを取りに行っている間に
虫さんは床に落ちたらしく麦がふんふんくんくん。
mugi_20091126.jpg
麦が顔を上げたので近くを探してみましたが虫さん見つからず。
虫さんは何処へ行ったのでしょう。麦のお腹の中かしら。

そんな麦を他所にすずはストーブ前を陣取ってぬくぬくしておりました。

昨日の晩ご飯 麦完食。水70cc。すず21g。
朝ご飯 麦完食。水60cc。すず14g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:晴れらしい

甲まで手袋2009その2から

  • 更新日:
  • 作り物

名前:甲まで手袋2009その2
handwarmer2009-02.jpg
編み図:甲まで手袋2009その1を元に
糸:元廣Inperial純毛合太 約50g(約119m)毛100% 緑、元廣ベビー水色 あわせて30g
針:ダブルフックアフガン針10号
期間:2009年11月8日から11月9日

覚書:作り目 40目。親指部分は往復編みで穴を開け、最後にこま編みを1段。

名前:甲まで手袋2009その3
handwarmer2009-03.jpg
編み図:エストニアスパイラルとゴム編みの組み合わせ
糸:NOROくれよんソックヤーン COL.S102 32g
針:2号短棒針4本
期間:2009年11月19日から11月20日

覚書:作り目 60目。エストニアスパイラル24段。手の部分は増やし目しながらゴム編み。

名前:甲まで手袋2009その4
handwarmer2009-04.jpg
編み図:Susies Reading Mitts Sサイズ
糸:内藤商事 ザリーナ ファインメリノウール100% 50g(約165m) COL.1773 39g
針:作り目かぎ針6号 5号短棒針4本
期間:2009年11月21日から11月23日

覚書:パターン通り。試作品。

名前:甲まで手袋2009その5
handwarmer2009-05.jpg
編み図:Susies Reading Mitts を元に。
糸:内藤商事 ザリーナ ファインメリノウール100% 50g(約165m) COL.1773 41g
針:作り目かぎ針6号 5号短棒針4本
期間:2009年11月21日から11月23日

覚書:Mサイズの作り目(48目)で、手首の部分を短くした。

困った場所が増えました

  • 更新日:

23日の写真ですが
mugi_20091123.jpg
オーブントースターを使っていると漏れなくやってきます。
パンだろうがお餅だろうがグラタンだろうが関係無し。
これから使用頻度が増えるオーブントースターなのに。
いてくれると困った場所が増えました。
すずはこういうことは一切致しません。
ずっと前にシーフードサラダのにおいにつられて
ちょいとつまみ食いしようとしたことがありましたけどそれ1回のみ。
本当に良い子のお嬢様なのです。

階段で昇降運動をしていたらうんの跡を見つけてしまい
運動を止めて拭き掃除となりました。
昨夜だったらいいなと思ってますが、
気づいたのは掃除した後だったのです。
掃除の時に気づきたかったです。

今日は暖かいのですけれどもフタリ共炬燵に入ってしまいました。

昨日の晩ご飯 麦完食。水60cc。すず21g。
朝ご飯 麦完食。水55cc。すず14g。

web拍手していただいた方、ありがとうございます。

天気:曇り

ひそひその続き

  • 更新日:

昨日のフタリ
mugisuzu_20091123.jpg
ひそひそ話の続きのように見えます。

今日は暖かいような寒いような微妙な日で、
真冬仕様で出かけたら帰りには暑くなってしまいました。
でも、家に入るとひんやりしていて、
フタリ共ホットカーペットの点いた炬燵の中に入ったままでした。

昨日の晩ご飯 麦完食。水60cc。すず21g。
朝ご飯 麦完食。水50cc。すず15g。

天気:曇り

このページの上部へ

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2016年7月 [24]
  2. 2016年6月 [30]
  3. 2016年5月 [31]
  4. 2016年4月 [30]
  5. 2016年3月 [31]
  6. 2016年2月 [29]
  7. 2016年1月 [34]
  8. 2015年12月 [31]
  9. 2015年11月 [30]
  10. 2015年10月 [31]
  11. 2015年9月 [32]
  12. 2015年8月 [31]
  13. 2015年7月 [31]
  14. 2015年6月 [30]
  15. 2015年5月 [31]
  16. 2015年4月 [30]
  17. 2015年3月 [31]
  18. 2015年2月 [27]
  19. 2015年1月 [31]
  20. 2014年12月 [31]
  21. 2014年11月 [30]
  22. 2014年10月 [32]
  23. 2014年9月 [30]
  24. 2014年8月 [32]
  25. 2014年7月 [31]
  26. 2014年6月 [32]
  27. 2014年5月 [31]
  28. 2014年4月 [30]
  29. 2014年3月 [31]
  30. 2014年2月 [28]
  31. 2014年1月 [31]
  32. 2013年12月 [31]
  33. 2013年11月 [30]
  34. 2013年10月 [27]
  35. 2013年9月 [33]
  36. 2013年8月 [34]
  37. 2013年7月 [33]
  38. 2013年6月 [30]
  39. 2013年5月 [32]
  40. 2013年4月 [30]
  41. 2013年3月 [32]
  42. 2013年2月 [27]
  43. 2013年1月 [31]
  44. 2012年12月 [31]
  45. 2012年11月 [32]
  46. 2012年10月 [31]
  47. 2012年9月 [29]
  48. 2012年8月 [37]
  49. 2012年7月 [31]
  50. 2012年6月 [30]
  51. 2012年5月 [31]
  52. 2012年4月 [30]
  53. 2012年3月 [31]
  54. 2012年2月 [29]
  55. 2012年1月 [37]
  56. 2011年12月 [30]
  57. 2011年11月 [34]
  58. 2011年10月 [35]
  59. 2011年9月 [37]
  60. 2011年8月 [39]
  61. 2011年7月 [35]
  62. 2011年6月 [36]
  63. 2011年5月 [34]
  64. 2011年4月 [30]
  65. 2011年3月 [30]
  66. 2011年2月 [28]
  67. 2011年1月 [33]
  68. 2010年12月 [34]
  69. 2010年11月 [30]
  70. 2010年10月 [31]
  71. 2010年9月 [32]
  72. 2010年8月 [34]
  73. 2010年7月 [33]
  74. 2010年6月 [31]
  75. 2010年5月 [32]
  76. 2010年4月 [33]
  77. 2010年3月 [33]
  78. 2010年2月 [33]
  79. 2010年1月 [36]
  80. 2009年12月 [36]
  81. 2009年11月 [35]
  82. 2009年10月 [41]
  83. 2009年9月 [35]
  84. 2009年8月 [36]
  85. 2009年7月 [38]
  86. 2009年6月 [36]
  87. 2009年5月 [34]
  88. 2009年4月 [34]
  89. 2009年3月 [36]
  90. 2009年2月 [29]
  91. 2009年1月 [33]
  92. 2008年12月 [41]
  93. 2008年11月 [41]
  94. 2008年10月 [37]
  95. 2008年9月 [33]
  96. 2008年8月 [30]
  97. 2008年7月 [37]
  98. 2008年6月 [37]
  99. 2008年5月 [33]
  100. 2008年4月 [36]
  101. 2008年3月 [32]
  102. 2008年2月 [37]
  103. 2008年1月 [31]
  104. 2007年12月 [34]
  105. 2007年11月 [29]
  106. 2007年10月 [31]
  107. 2007年9月 [34]
  108. 2007年8月 [34]
  109. 2007年7月 [36]
  110. 2007年6月 [30]
  111. 2007年5月 [30]
  112. 2007年4月 [31]
  113. 2007年3月 [31]
  114. 2007年2月 [26]
  115. 2007年1月 [27]
  116. 2006年12月 [30]
  117. 2006年11月 [27]
  118. 2006年10月 [28]
  119. 2006年9月 [36]
  120. 2006年8月 [34]
  121. 2006年7月 [39]
  122. 2006年6月 [38]
  123. 2006年5月 [33]
  124. 2006年4月 [27]
  125. 2006年3月 [29]
  126. 2006年2月 [24]
  127. 2006年1月 [30]
  128. 2005年12月 [38]
  129. 2005年11月 [28]
  130. 2005年10月 [32]
  131. 2005年9月 [29]
  132. 2005年8月 [37]
  133. 2005年7月 [33]
  134. 2005年6月 [37]
  135. 2005年5月 [38]
  136. 2005年4月 [10]

Powered by Movable Type 6.1.2